自分を大事にするように、印鑑も大事に

手彫りの印鑑イメージ

印鑑を作ろうと思い立てば、既存品があるのですぐ買う事ができます。

そして、注文したとしても、機械で作るものであれば、これもまたすぐ手に入れることができるでしょう。 そんな中、完全手彫りの印鑑が欲しいと考えている人もいます。

それは、職人さんが一人一人のために作った印鑑で、なんだか温もりを感じられるからなのでしょう。 さらに、その気持ちに応える職人さんがいるから、今でも完全手彫りの印鑑は、根強い人気があるのかもしれません。

そこで、印鑑職人さんは、なぜ機械でも作れる印鑑を、わざわざ時間をかけて作るのか聞いてみました。

「一日で出来あがる印鑑の本数は限られてしまうし、効率を考えたら完全手彫りはいいとは言えない。けれども、印鑑は唯一無二でなくてはならないものであり、今の時代だからこそ、手作りの温か味が必要なのではないかと思っています。」とのことでした。

こうした想いが込められている印鑑を持つというのは、なんだかお金では買えないものまでついてきている感じがして、嬉しいですよね。

ですが、印面を彫るという作業はとても細かいことで、根気のいるものなので飽きてしまう感じがあるのですが、職人さん曰く「彫ることが好きなので、気にならない」と言っていました。

好きなことを仕事にし、印鑑に思いを込めて作っている職人さんには、脱帽ですね。

こうして、職人さんの手で作られた印鑑は、きっと大切に使われて、一生付き合っていける印鑑になるのでしょう。

自分を大事にするように、印鑑も大事にしてくれたら職人さんもきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

〔お役立ち!便利サイトのご紹介〕

ページの先頭へ